介護事業ごとの売上管理

subpage1

介護保険の事業では、併設などでいくつもの事業所を運営しているところが少なくありません。
たとえばヘルパーステーションとデイサービス事業所といった具合です。
在宅系のサービスは在宅系で同じように運営をしたりすることがよくあります。

有名な介護の売上管理は無限の可能性に満ちあふれています。

このとき、介護保険事業のルールでは、事業ごとに売上管理などを行わないといけません。

知って得する毎日新聞の優良サイトの情報を公開中です。

決算などを行い所得税等の確定申告を行う場合は法人で行いますが、それ以前に事業ごとで経理は分けなければならないこととなっています。
したがって、事業が異なればその事業ごとで売上管理を行うようになるわけです。このような基準は、介護保険法や関係する規則で明確に分けるように規定されています。

売上管理を別にすることで、事業ごとの収支がはっきりと分かり結果として、事業所の運営に資すると考えられています。


たとえば特定の事業は赤字だけれども別の事業では黒字なので、法人としては持っているといった具合です。
特定の事業が赤字が続くようだと、民間が行っている介護事業所は撤退を考えるようになります。その撤退により利用者の行き場所が無くなる可能性があるわけです。
無論、そうした事態にならないように、廃止届出を提出する際には行政から指導がなされます。
利用者に対して別の事業所の紹介を行うなどの適切な方法をとるように、といった話です。


利用者が今まで利用してきた事業所を使えなくなるのが一番よくないので、行き場所の確保は必須となります。