介護ビジネスに於ける売上管理における注意点

subpage1

介護ビジネスは複雑な売上管理が必要なものです。



一般的に通常のビジネスに於いては売り上げの管理は一本化されることが基本ですが、介護ビジネスの場合はサービスの内容が多岐にわたり、その対価の回収の方法が異なるため様々な管理方法を駆使しないと適切な管理ができないためです。一般的なビジネスの場合は売上管理の方法が一本化されています。

その理由は管理方法を統一することで漏れを防ぎ、適切な経理と現金の入金の管理を明確にするためです。又、法人税申告の際の申告漏れなどを防ぐ目的もあります。

その為、多くの企業では売上管理を一本化しています。


しかし、介護ビジネスには売上管理を一本化できない理由が有ります。

その一つが保険制度です。
保険制度は介護サービスを受ける人が自ら支払う代わりに保険から支払われる部分が多くなりますが、この場合にはサービス内容とその点数を保健機関に申請して約2か月後に現金が入金されることになります。


その為、他のサービス提供後すぐに支払われる部分と管理方法が分かれてしまい、個別に管理する事が重要になるのです。
介護ビジネスに於いてはこのように売上管理に於いて2つの管理方法を両立させることが必要になります。

その上で最終的に総合的な売り上げと実際の現金の管理などを行わなければならないため、非常に煩雑な管理が必要になります。

産経ニュース情報はこのサイトにおまかせ下さい。

適正に管理を行わないとキャッシュフローが悪化してしまい、事業の継続性を脅かす事にもなりかねない為注意が必要です。